読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道の駅 「あいお」の思ひで…

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2014年10月】

 

今日は山口県の道の駅「あいお」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20141202120107j:plain

 

 

道の駅「あいお」の駐車場は,道路を挟んで反対側にもあります.売店やレストランへ行くには,気をつけて渡りましょう” 「あいお」の駅舎の中には特産品を扱う売店と,レストランがあります.小さな道の駅ですが,美味しいものがたくさんありそうです♪

 

 f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 秋穂のエビ 

 

売店では干しエビやエビしょうゆ,エビふりかけ,などエビ関連商品が販売されていました.

 

f:id:osanpowanko:20141202120338j:plain

 

車エビを自慢の味噌にじっくりと漬け込んだ「車えびみそ漬」という商品もオススメのようです.小さな道の駅ですが,“エビ”というこの町ならではの自慢の商品があるのはいいですね”

 

【エビ養殖発祥の地】

瀬戸内海に面する秋穂(あいお)は車エビの商業養殖発祥の地です.
年間を通して温暖な気候であることが,エビの養殖環境として最適のようです.愛知や熊本でも養殖が行われていましたが,本格的なビジネスとして養殖業が始められたのは秋穂のようです.

秋穂におけるエビ養殖発展の要因のひとつは塩田の存在です.
製塩が盛んだった秋穂には塩田が多く存在したのですが,昭和に入り製塩事業が衰退したことで塩田は使われなくなりました.使われなくなった塩田跡をエビ養殖に利用した人物が藤永元作(ふじながもとさく)です.
1930年代から車エビの研究を続けていた同氏は車エビの人口産卵や孵化,育成を成功させ養殖の技術を確立しました.
1963年 秋穂町の塩田跡に「瀬戸内海水産開発」を設立し,日本で初めて大規模な車エビ養殖事業を始めました.会社の前には 「えび塚」の碑と並んで 「くるまえび養殖事業発祥の地」と書かれた 石碑が建っているそうですが,同社は残念ながら2011年7月に破産申請しています(「山口新聞」2011年7月28日).

 

秋穂の車エビは,天然物も含めて町を代表する特産品となっています.
夏は天然物,冬は養殖のエビを出荷しており,美味しい車エビが1年中味わえるそうです.「渡辺水産有限会社」によると餌や水質にもこだわった養殖エビはストレスのない環境で育っており,活きの良いものを出荷できるとのこと♪

 

今回は,車エビではなく干しえびを買いました!! 赤えび使用した干しえびも秋穂の特産品です.何を作って食べようかな♪

 

f:id:osanpowanko:20141202120839j:plain

 

車エビの町,秋穂には「えび狩り世界選手権」というイベントもあるそうです.

 

【えび狩り世界選手権】

車エビ発祥の地をPRするために旧秋穂観光協会が1991年に始めたイベントです.
毎年,夏(8月または9月)に秋穂中道海水浴場で開催されています.干潟に設営された網の中には約15000匹の車えびが放たれており,そのエビを40分の制限時間にたくさん捕まえた人が優勝です.


第24回(2014年)の優勝者は117匹を捕まえたのだとか...
車エビはすばしこく砂に潜ってしまうため,エビのいるポイントを見つけることが秘訣なのだそうです.

大変なのはエビを捕まえることだけではありません.
このイベントに参加するには30倍にもなる狭き門をくぐり抜け,参加資格を獲得しなくてはならないのです.応募総数約約5万通のうち参加できるのは1500人程度です.秋穂の夏の恒例イベントとして定着しており,年々希望者が増大しているのだとか...

“世界選手権”だなんてすごい名前だなぁ...と思っていました.が,“世界”と称しても過言ではありません.2014年は日本人だけではなく,アメリカや中国など10ヵ国から参加しています.2014年が特別だったわけではなく,2009年にはイギリスやブラジルなど6ヵ国から参加しています. 世界選手権ですね”

大人の参加料金は3000円.毎年6月下旬頃~7月中旬頃にはがきでの申し込みを受け付けているようです.
獲ったエビ,食べられるのかなぁ...?


“えびの町”ということで,道の駅「あいお」にもエビをイメージしたものがあります.

 

f:id:osanpowanko:20141202121102j:plain

 

駅舎の前にある長方形のものは,エビのひげをイメージしたモニュメントだそうです.ライトが目玉のようになっています.確認できませんが,この駅舎は上から見るとエビの形になっているのだとか... 

 

 f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain エビ以外のオススメ 

 

「あいお」の人気商品は鮮魚”とのこと.秋穂漁協で水揚げされた旬のお魚が販売されるそうです.

 

f:id:osanpowanko:20141202121354j:plain

 

今日はお昼過ぎのお散歩だったので少ししかありませんでしたが,秋穂産の魚やタコが並んでいました.朝来らもっといろんな種類があるのかな!?

「あいお」の売店ではバターケーキ,ローズスイートケーキなどシフォンケーキ類が目立っていました♪

 

f:id:osanpowanko:20141202121610j:plain

f:id:osanpowanko:20141202121632j:plain

 

美味しそうなお菓子が並んでいます.食べたいけれど,これからエビを食べるつもりなので,お菓子類は我慢します.
右の写真は「道の駅あいおまんじゅう」です.保存料なしの白あんがたっぷり入った焼きまんじゅうだそうです.保存料が入っていないのは嬉しいですね”...おいしそう.

お菓子類は我慢しましたが,みかんジャムを買って帰ることにしました.
ここでは手作りのジャムを販売しています.フルーツジャムだけではなく,キャロットジャムやトマトジャムを販売することもあるようです.もちろん原料の野菜は秋穂産”手作り野菜ジャムは,秋穂地区生改連が開発したビタミンたっぷりのジャムなのだとか.今回はみかんのジャムですが,甘くて美味しかったです♪ ヨーグルトに入れて食べました.

売店の奥の方には,焼き海苔などの商品がありました.お土産に買っても良さそうです.また,売店の外には野菜やお花が並んでいましたよぉ.  

 

f:id:osanpowanko:20141202122026j:plain

f:id:osanpowanko:20141202122041j:plain

 

美味しそうな柿.「優しく」...でも,さわって良いのかなぁ...??

 

 f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 「あいお」のレストラン 

 

「あいお」にはレストラン(営業時間は9時から17時45分)もあります.
席数が限られていることもあり,店内はいっぱいでした.地元の人も利用しているようで,その人たちは,とんかつを食べていました.

今日はエビフライが食べたい気分だったので,とても楽しみです♪
えびフライ定食は通常のもの(950円)と極上(1320円)があったので,極上にしました!

店員さんが少ないので,みんな忙しそうです.作っているのは1人なのかな...

 

f:id:osanpowanko:20141202122325j:plain

 

おなかすいたよぉ...早く来ないかなぁ“

 

来ましたぁ.エビフライ定食(極上)です.

 

f:id:osanpowanko:20141202122605j:plain

f:id:osanpowanko:20141202122633j:plain

 

エビフライがよく見えるように右側に写真を載せます.
大きいエビ,身がしっかりしています.衣でごまかしていません!! 甘くてプリプリの身,エビの味がしっかり分かるエビフライです.ソースはちょっとカレー風味な気がしました.

 

エビメニューはフライ以外にもあります.エビ焼き飯(530円)です.

 

f:id:osanpowanko:20141202122754j:plain

 

干し海老が入った香ばしい焼き飯を想像していましたが,ちょっと違いました.
えび雑炊(530円)は新鮮なエビ入りらしい...それも食べてみたかったな.秋穂でとれた新鮮なエビを使った雑炊,あっさり味が人気なのだとか.

これ以外にも,エビフライカレーや単品のエビフライ(860円)がありました. 

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 道の駅スタンプ

 

f:id:osanpowanko:20141202123058j:plain

 

もちろんエビがデザインされています.スタンプは…レジの隣にあったような...気がします.
「あいお」では毎年12月28日に「あいお道の駅まつり」を開催しているそうです.
特産品や鮮魚の販売だけではなく,餅つきの実演販売も行われるそうです!
美味しいものを買って,新年を迎えるのですね♪

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

 


 

名称 あいお(山口県‐04)
住所 山口県山口市秋穂東1520-4
アクセス 県道338号(県道大海秋穂二島線)
関連サイト http://www.cgr.mlit.go.jp/chiki/doyroj/station/cgi-bin/station_info.pl?param=3504
ポイント 秋穂で開催の“世界”選手権

 

【参考ホームページ・参照文献】

山口新聞「秋穂えび狩り世界選手権、今月23日から参加者募集」,2014年6月4日.
山口新聞「エビ狩りダッシュ 世界選手権6カ国1600人競う-山口」,2009年8月23日.

 

秋穂観光協会:http://www.y-shoko.com/akisho/
秋穂は車えび保育園:http://www.aio-hoiku.jp/
山口市観光情報サイト「西の京 やまぐち」:http://www.yamaguchi-city.jp/