読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道の駅「なるさわ」の思ひで…

19.山梨県

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2015年4月】

 

今日は山梨県の道の駅「なるさわ」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20150808174118j:plain

 

 

道の駅「なるさわ」は『なるさわクリエーションパーク』内にあります.パーク内には他に,自然探索路やなるさわ富士山博物館,広場などがあります.駐車場も広く,大型車専用のスペースも設けられています.
山梨県南東部に位置する鳴沢村は富士山山頂付近まで行政区域を有しています.道の駅「なるさわ」があるのは,富士山が目の前にそびえる絶好のロケーション.視界を遮らない富士の眺めが自慢の道の駅とのことですが...やっぱり,今日も見えません.

 

  f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain なるさわクリエーションパーク(creation park)

 

自然探索路は,なるさわ富士山博物館に隣接しており,富士山が一望できる展望台も設置されています.

 

f:id:osanpowanko:20150808174244j:plain

 

富士山と青木ヶ原樹海が一望できるそうですが,今日は富士山が見えないので“展望台”の眺めです.自然探索路には様々な形の溶岩樹型があるそうです.溶岩樹型とは流れてきた溶岩が木を包み込んだことにより,冷え固まった時に木であった部分が空洞になっているものです.晴れている日には探索路をお散歩するのも楽しそうですね” 4月下旬にはツツジが綺麗に咲くそうです.

 

道の駅「なるさわ」の物産館と「なるさわ富士山博物館」のあいだには「不尽の名水」コーナーがあり、鳴沢のおいしい水が飲めます.

 

f:id:osanpowanko:20150808174447j:plain

 

バナジウムが豊富に入っているこの水は無料です. 

 

  f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain JA物産館

 

道の駅「なるさわ」の施設は物産館と軽食コーナーに分かれています.まずは物産館を見てみます.

物産館では,お土産用のお菓子や野菜を扱っていました.
お店の方にオススメを聞いたところ「ジャムとキャベツがおすすめです」と言っていました.こちらがジャムのコーナーです.たくさんの手作りジャムが並んでいます.ブルーベリーは地元で採れたもののようですよ.

 

f:id:osanpowanko:20150808174618j:plain

 

ブルーベリーやキウイなどお馴染みのジャムもありますが,紫いもやルバーブ,ほおずきなど,ちょっと変わったジャムもありました.お酒コーナーにはワインが並んでいました. 

 

f:id:osanpowanko:20150808174648j:plain

 

右奥には店員さんオススメのキャベツが写っていますが,目の前にあるカラフルなお饅頭に惹かれてしまいました.「富士山の鳴沢まんじゅう」です.この手作り饅頭は道の駅の人気商品なのだとか.かぼちゃ・よもぎ・ココア・とうもろこしなど9種類もの味があります.どの味も食べてみたいですが,9個全部は大変そうです.
さっきの写真には8種類しか写ってないよ!! と気がついた方もいるかもしれません.9種類目はこちら. 

 

f:id:osanpowanko:20150808174920j:plain

 

なるさわ菜の饅頭です.ピリ辛の炒り煮にしたなるさわ菜が入っているお惣菜まんじゅうです.

【なるさわ菜】
なるさわ菜とは,鳴沢村で作られてきた伝統の菜っ葉.江戸時代から栽培されているそうです.アクが少なく香り高いことが特徴で,主に漬物に利用されています.“地名の付く日本三大菜っ葉”のひとつなのだとか.ちなみにほかの2つは,京都の壬生菜(みぶな)と長野の野沢菜なのだとか(店内掲示物より).
鳴沢村の地下水を使って漬け込んだ「鳴沢菜漬」も人気商品のひとつです. 

 

  f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 軽食堂

 

鳴沢村で育った野菜を使った料理が楽しめます.
郷土料理「せんどそば」は温かいソバの上に大根の千切りが山盛りに乗った料理です.南蛮味噌がアクセントになり美味しいそうです.今度,お散歩に来たら食べてみよう♪

もうひとつのオススメは,「富士桜ソフトクリーム」.早速ソフトクリームを食べよう♪ と思いましたが,その前に.ビスケットを見つけました!!

 

f:id:osanpowanko:20150808175105j:plain

 

ただのビスケットではなく,衣をまとわせ揚げてあります.ビスケット天ぷらです!
お祭りの定番と書いてあるので,屋台でよく出ているのですか!?と聞いてみたら,軽食コーナーのばちゃんが「家庭で作るものなんですよぉ」と教えてくれました.ちょっと特別な日のおやつなのかな!?
 いただきます♪
甘い香りがして,いも天みたいな味がしました.写真でも,いも天のように見えます.揚げたてではなかったのですが,サクサクのところも残っていて美味しかったです.

 

  f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 近くの観光スポット

 

【なるさわ富士山博物館】
『なるさわクリエーションパーク』のもうひとつの施設が「なるさわ富士山博物館」です.鳴沢のおいしい水のコーナーから約150歩進んだところにあります.

 

f:id:osanpowanko:20150808175448j:plain

 

館内には富士山博物館と鉱石ミュージアムがあります.どちらも入場無料です.鉱石ミュージアムは2008年にリニューアルした際に新たに加わったそうです.鉱石やパワーストーンの販売を行っていました.
なるさわ富士山博物館では,富士山周辺の自然や成り立ちを紹介しています. 

 

f:id:osanpowanko:20150808175512j:plain

 

富士山噴火の歴史を紹介するパネルも展示されていました.マグマの様子が分かる模型もあります.外の景色も展示物のひとつとなっていて,「青木ケ原溶岩」を間近に見ることができました.

なるさわ富士山博物館:http://www.eigado-group.com/store/narusawa/index.html

 

  f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain ソフトクリーム

 

f:id:osanpowanko:20150808175800j:plain

 

富士桜ソフトクリーム(350円)です.
軽食堂で買いました.このソフトは,富士山麓に多く咲くフジザクラ(マメ桜)の実のシロップをソフトクリームに練りこんでいます.
薄ピンク色をしていて綺麗です.なめらかで甘く,牛乳の優しい味とほんのりとした桜の香りを感じました. 

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 道の駅スタンプ

  

f:id:osanpowanko:20150808175837j:plain

 

スタンプは物産館の奥の事務所と情報コーナーにありました.変わった形のスタンプですね”

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

 


 

名称 なるさわ(山梨県-03)
住所 山梨県南都留郡鳴沢村字ジラゴンノ8532番地63
アクセス 国道139号線沿い
関連サイト http://www.vill.narusawa.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=7302
ポイント 富士山に一番近い村の道の駅